日本語入力ソフト

漢字変換の決め手となる日本語入力ソフト

普段、何気なく使っているパソコンですが、その影では、日本語入力ソフトが大活躍しています。

例えば、パソコンで文字を入力する際、大抵の方は、ひらがなで文章を入力してから、スペース・キーを使って漢字に変換されていることでしょう。

その時、直ちに目的とする漢字の組み合わせに変換できればいいけれども、そうでない時は、もう一度変換キーを押したり、文節区切りを変えたりしながら、目的とする文章に変換することになります。

ところが、日本語入力ソフトの漢字変換能力や学習機能がしっかりと働いていなければ、おかしな漢字変換が続き、ストレスのもとになってしまいます。

ここでは、代表的な日本語入力ソフトである、Microsoft IMEとジャストシステムのATOKを取り上げて、ご紹介します。

代表的な日本語入力ソフト

Microsoft IME

まず最初は、マイクロソフトのIMEですが、これはWindowsにも付属しているので、Windowsパソコンを使用している方にとっては、最も馴染み深いでしょう。

一方、マイクロソフトのオフィスシリーズを利用されている方であれば、そこにもIMEが付属しています。Windows 7までは、オフィスに搭載されているIMEの方が若干機能が優れていましたが、Windows 8以降は、オフィスと同じIME2012が搭載されるようになりました。

ただ、誤変換の問題などもあり、あまり評判は良くないようです。執筆を中心にパソコンを使うなら、ATOKなどの日本語入力ソフトの導入をお勧めします。

※対応OS:Windows 8/8.1/10

 

日本語入力システム ATOK

もう一つの代表的な日本語入力ソフトとして挙げられるのが、ジャストシステムのATOKです。ATOK(エイトック)の意味は「Advanced Technology Of Kana-Kanji transfer」で、その頭文字をとって「ATOK」と名付けられています。

こちらは、Windows用以外に、Mac用もあり充実しています。一方、ワープロソフト「一太郎」にも限定版が搭載されているので、そうしたソフトを購入すれば、そのソフト使用時に限定されますがATOKが使えるのでお買得感があるでしょう。

ATOK2017 for Windowsでは、AI(人工知能)技術である「ディープラーニング」を取り入れ、10年ぶりに変換エンジンを刷新しています。その結果、ATOK2016と比較して、誤変換が30%減少しているといいます。さら に、誤入力をサポートしてくれる「インプットアシスト」機能もパワーアップし、入力内容を判断して最適な変換候補を示してくれます。

さらに、ATOK2017 for Windowsプレミアムでは、「ATOK連携電子辞典」シリーズも充実しており、『ジーニアス英和/和英辞典』に加え、『岩波 国語辞典 第7版 新板』『明鏡ことわざ成句使い方辞典』『大修館四字熟語辞典』が新たに搭載されています。

尚、最新版のATOKを利用したい場合は、月額制のATOK Passportを購入する必要があります。買い取り型の単体ATOKの提供は2017年版が最終となっています。

※対応OS:Windows 7(Service Pack 1以上)/8.1/10、macOS v10.12 / OS X v10.11~v10.9、Linux kernel : 2.6.9以上 、glibc : 2.3.4以上 、X.org : 6.8.2以上 、GTK+2 : 2.4.13以上