読み上げソフト

テキスト原稿を自動で読み上げてくれるソフト

ここでは、Webサイトやワード等のテキスト原稿を自動で読み上げてくれる便利なソフトをご紹介します。

通常、推敲といえば、繰り返し原稿を読むことで、言葉の間違いやリズム感、おかしな言い回し等をチェックしていきますが、何度も同じ文章を読んでいると、自分でも気づかない間に都合よく読み変えてしまっていることがあります。

そんな時に役立つのがこのソフトです。本来は、目の不自由な方や言語学習用に開発されたソフトですが、実はこれ、執筆原稿の推敲や校正作業にも使えるのです。まだ使ったことが無いという方は、一度お試し下さい。

代表的な読み上げソフト

JukeDoX2

パソコン上で扱っているWordやExcel、一太郎、PDFなどの文書ファイルはもちろんのこと、ブラウザやメールのテキストもカット&ペーストすることによって読み上げが可能です。 読み上げ速度は、好みのスピードに設定することができます。

また、読み上げ音声をオーディオファイルとして保存することができるので、外出先で携帯オーディオプレーヤーを使って再生することもできます。

搭載言語は日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語に対応しており、7種類の声質から選択することができます。

※対応OS:Windows Vista/7/8

  商品名

 

 

画面読み上げソフト FocusTalk V4

こちらは、本格的なWindows画面読み上げソフトです。キーボード操作や文字入力情報も読み上げてくれます。視覚障害者や高齢者にとっては、特に便利な日本語読み上げソフトだと言えるでしょう。

また、マウスで指定した箇所の文字だけを読み上げる機能もありますので、目的に応じて様々な用途に使えます。

※対応OS:Windows 8.1/10

  商品名

 

 

テキスト読み上げ太郎2

入力した文字やテキストファイルの文字を自動音声で読み上げるソフトです。直接入力以外に、文章のコピー&ペーストや、テキストファイルのドラッグ&ドロップでも入力することができるので、入力操作も容易です。

音声はWAVEファイルとして保存することができます。他に、Webページに書かれているテキストを読み上げる「WEB読み上げ太郎」も付属しています。

※対応OS:Windows XP/Vista/7/8

  商品名

 

 

ドキュメントトーカ for Mac Ver3.0

こちらは、Mac用に開発された読み上げソフトで、日本語と英語に対応しています。主な機能としては、テキストファイルの読み上げ、ブラウザー読み上げ、ペーストボード読み上げ、音声認識検索、記号読み上げ等があります。また、読み上げ速度は10段階あり、高さや音量も段階調節できます。

対応するOSは、Mac OS X 10.4以降となっています。当初、Mac OS X Leopardでは、一部動作しない機能(SpeechManager および VoiceOver)がありましたが、現在は対応済みです。

※対応OS:Mac OS X 10.4以降

  商品名