読み上げソフト

テキスト原稿を自動で読み上げてくれるソフト

ここでは、Webサイトやワード等のテキスト原稿を自動で読み上げてくれる便利なソフトをご紹介します。

通常、推敲といえば、繰り返し原稿を読むことで、言葉の間違いやリズム感、おかしな言い回し等をチェックしていきますが、何度も同じ文章を読んでいると、自分でも気づかない間に都合よく読み変えてしまっていることがあります。

そんな時に役立つのがこのソフトです。本来は、目の不自由な方や言語学習用に開発されたソフトですが、実はこれ、執筆原稿の推敲や校正作業にも使えるのです。まだ使ったことが無いという方は、一度お試し下さい。

代表的な読み上げソフト

JukeDoX3

パソコン上で扱っているWordやExcel、一太郎、PDFなどの文書ファイルはもちろんのこと、ブラウザやメールのテキストもカット&ペーストすることによって読み上げが可能です。 読み上げ速度は、好みのスピードに設定することができます。

また、読み上げ音声をオーディオファイルとして保存することができるので、外出先で携帯オーディオプレーヤーを使って再生することもできます。

外国語音声にも対応しており、世界主要20言語での読み上げができます。

※対応OS:Windows 7/8.1/10


◆アマゾンで購入
JukeDoX3シリーズ

 

音読のプロ

音読のプロは、文章を入力して再生ボタンを押すだけで、自然な音声で読み上げてくれます。音声は女声の「のぞみ」で再生されますが、Premium版では、男声の「おさむ」でも再生することができます。

音声化は、エーアイ社の技術「コーパスベース音声合成方式」が採用されており、普通の人間らしい聞き取りやすい音声で読み上げてくれます。詳細ページでは、どのように読み上げてくれるか実際に試せるので気になる方はお試しください。ボックスにテキストを入力して合成ボタンを押すだけです。

尚、Premium版では音声ファイルの保存も可能です。

※対応OS:Windows 7/8.1/10


◆公式サイト
音読のプロの詳細ページ icon

 

音声読み上げソフト 詠太9

音声読み上げソフト 詠太9は、単体では販売されていないようですが、ワープロソフト「一太郎」のプレミアムバージョンとスーパープレミアムバージョンに搭載されているソフトになります。

これは、電話応答システムなどで実績のある高品質な音声合成技術「VoiceText」(HOYA株式会社)を利用しており、最新版の「詠太9」では、日本語男性話者「AKIRA」が新たに採用されています。

最新版では、人名、地名等の名詞の読み方・抑揚を中心に1,600語以上の登録語彙が拡充され、文書を読み上げるときに、「会話文」と「地の文」も話者を自動で切り替えて読み分けてくれます。小説などの物語では、登場人物の台詞部分と語り手部分とのバランスやコントラストを確認する際に役立ちます。

※対応OS:Windows 7/8.1/10


◆公式サイト
一太郎2019 詳細ページ icon

◆アマゾンで購入
一太郎2019シリーズ