編集・ライターの通信講座&通学講座(スクール)

編集者・ライター 養成講座

編集者やライターというのは、とにかく実践を通して文章に磨きをかけることが重要です。一般的な小説家とは異なり、取材やインタビューの仕方、記事の書き方から企画書の作成まで、多岐にわたる実務的な知識が必要になってきます。

こうしたノウハウを学ぶには、やはり独学では難しく、出版関連の仕事に就いて実地に学ぶか、あるいはここでご紹介するような専門スクールに通うのが早道です。ダイヤモンドも磨かなければただの石、というわけです。

ここでは、ライターや編集者を養成するための講座をご紹介しますので、思い切ってトライしてみてください。

 

通信講座&通学講座のご紹介

講座選びのコツ

  • 関心のある講座の詳細な資料(無料のケースが多い)はできる限り収集し、自分に合った講座を選びましょう。
  • 通学講座で、体験コースや説明会などが準備されている講座があれば、積極的に参加して下さい。そのスクールの雰囲気がよくわかります。
  • 通信講座では、途中で挫折しないためにも、飽きずに続けられる工夫がなされている講座を選びましょう。

WEBライティング技能検定講座

フリーランスや主婦の方が在宅で、企業から仕事をもらいながら働くことをクラウドソーシングと呼びますが、こうした仕事形態が近年急成長しています。特に、ネット上で必要となるWebライティングやWebデザインの仕事が急増しているため、企業としても、そうした仕事を細分化して在宅の方に依頼することで効率よく仕事を進めようとしています。

ここでご紹介する「WEBライティング技能検定講座」は、その名の通りWEBライティング技能検定試験の合格を目指す講座です。検定試験に合格した方は、「WEBライティング実務士」のIDが付与され、合格証・認定カードを手にすることができます。

日本クラウドソーシング協会が認定する「WEBライティング実務士」の資格を取得すると、自分のライティング技能のスキルを客観的に示すことができるため、クラウドソーシング会社から報酬の高い仕事を優先的に受けることができるようになります。