ボールペン

広く普及している筆記具ボールペン

「普段、最も良く使う筆記具は?」と聞かれれば、多くの方が“ボールペン”と答えるのではないでしょうか。やはり、広く普及している筆記具だけあって、安価ながらも使い勝手が良いところが魅力です。

しかし、だからこそ高級ボールペンにこだわってみるのも楽しいものです。高級ボールペンの魅力はなかなかのもので、一度使うと手放せなくなってしまいます。ここでは、代表的なボールペンを幾つかご紹介します。

代表的なボールペン

油性ボールペン

最も一般的なボールペンがこの油性ボールペンです。インクの粘度が高いため、インクの滲みが少なく使いやすさが特徴です。また、耐水性もあるので一時的なら水に濡れても安心です。

水性ボールペン

一方、水性ボールペンはインクの粘度が低いので、さらさらとした書き心地が魅力です。価格的には油性ボールペンより少し高くなります。水性なので、水に濡れるとインクが流れてしまいます。ただし、顔料インクを使用したタイプには耐水性があります。また、ポールペン先が乾燥してしまいやすいので、使用しない時はキャップをしっかりしておくことが大切です。

 

ゲルインクボールペン

ゲルインクボールペンは、サクラクレパスが開発したボールペンです。油性ボールペンの使いやすさと水性ボールペンの書き味を兼ね備えたボールペンです。インクが紙面に付くとゲル化するので、インクの滲みも少なくなっています。特に、顔料ゲルインクを使ったボールペンは、書き味・耐水性・耐光性に優れているので長期保存に向いています。

高級ボールペン

他に、名入れができるボールペンや多機能ボールペン、各万年筆メーカーによる高級ボールペンなども販売されています。作家として愛用するなら、こうしたボールペンも欲しいところです。